木質バイオマス燃焼装置で燃料費を削減
  • バイオマスエコバーナー
  • おが粉乾燥機
  • 施設園芸の暖房

株式会社暁産業は、1983年(昭和58年)創業以来「厚鋼板」の溶断を中心に着実に進展し、日本の鉄鋼業界に貢献してまいりました。そして2010年新たにバイオマス事業部を設立、バイオマス燃焼装置を開発致しました。協力企業のご協力のもとに、施設園芸の暖房装置、ロータリーキルン乾燥機を開発、自社オリジナル設計のおが粉乾燥機を取り揃えることができました。木質バイオマス導入をご検討の際には、是非弊社製品をご検討ください。

バイオマス事業部からのご提案

バイオマス装置の導入には、解決すべき点があることも事実です。弊社バイオマス事業部には、装置の納入や、数々のお問い合わせ頂いたお客様の現地調査等を通じてノウハウを蓄積して参りました。お客様と一緒に問題解決へのご提案をさせて頂きます。木質バイオマス燃焼装置と木質バイオマス燃料用乾燥機で企業の燃料費軽減、環境負荷の軽減を提案します。重油価格上昇で、燃料費が企業に与える負担はさらに大きくなろうとしています。重油大量消費企業の燃料費負担を木質バイオマス燃料で削減します。

製品案内

サイトでご案内しています製品の仕様は予告なく変更されることがあります。

バイオマスエコバーナー

バイオマスエコバーナーは、木質バイオマス(おが粉)燃焼装置です。特徴は重油バーナーと同様に燃料を噴射して燃焼すること。このため他の木質バイオマス燃焼装置では困難とされていた断続運転や急な温度変化への対応ができます。また、 ...

おが粉乾燥機

材料を高速の熱気流に乗せ、運びながら乾燥させるおが粉乾燥機。熱風と材料の接触面積が大きいためわずか2-3秒の高速乾燥が可能です。粒径の小さい粉粒体で熱を受けると変化しやすい材料に適しています。 おが粉乾燥機の特徴 特徴連 ...

施設園芸用温風暖房機

施設園芸用温風暖房機 『暁KDシリーズ』 は中小規模(2反・600坪)の施設園芸に対応しています。特徴は、熱源に『バイオマスエコバーナー』を採用、木質バイオマス燃料で暖房コスト削減を実現しました。自動で断続運転ができ、急 ...

温水暖房機

温水暖房機の熱源に『バイオマスエコバーナー』を採用し、暖房コスト削減を実現しました。施設園芸や養鰻池、給湯等にご使用頂けます。木質バイオマスでは困難といわれた高熱出力を可能にした『バイオマスエコバーナー』ならではの温水暖 ...

ロータリーキルン乾燥機

ロータリーキルン乾燥機 暁SEBシリーズ 熱源に『バイオマスエコバーナー』を採用しています。『バイオマスエコバーナー』で従来の化石燃料等を熱源にしたロータリーキルン乾燥機と同じ熱量を確保し、同じ処理量・操作性・安全性を提 ...

見学のご案内

暁産業高知工場にて、バイオマスエコバーナーとおが粉乾燥機をご確認頂けます。見学ご希望の場合は事前にお申し付けください。日程を調整させて頂きます。また導入顧客様への見学も可能です。導入顧客様の稼働状況により日程の調整が必要 ...

協力企業

『施設園芸の暖房装置』 『おが粉製造機』 『ロータリーキルン乾燥機』などはそれぞれの納入実績とノウハウを持つ企業様とバイオマス事業部が協力関係にあります。お客様のご要望にバイオマス事業部が各企業様と協力して提案、製造、サ ...

お問い合わせ

暁産業バイオマス事業部への 『製品のお問い合わせ』 ・ 『装置の見学』 ・ 『導入調査のご依頼』 等は下記のフォームよりご連絡ください。ご案内しています製品についてのご質問(カタログや製品詳細)は『お問い合わせ・資料請求 ...

納入実績

バイオマス事業部の導入実績をご案内しています。

おが粉を乾燥する

2012年11月 『バイオマスエコバーナーとおが粉乾燥機』を納入致しました。写真は完了間近の様子を記録したものです。屋外設置のように見えますが、このあと建屋を建築するようになっています。おが粉乾燥機は木質ペレットの資材乾 ...

施設園芸の暖房

2011年12月納入 施設園芸の暖房に、温風暖房機とバイオマスエコバーナーを納入致しました。広さは2反ほどのビニールハウス、主に花き類を栽培されています。出荷時期のタイミングが重要で温度設定を高めにすることもしばしばです ...

養鰻池の暖房

2013年3月 養鰻池の暖房装置(温水暖房機)の納入をさせて頂きました。新規施設建設のお客さまです。燃焼のピークは4ヶ月程、燃料コストを抑えたシステムをご希望で、RPFや木質ペレットなども導入比較され弊社を選択頂きました ...

バイオマス導入

バイオマス事業部の導入実績をご案内しています。

木質燃料の確保

バイオマスエコバーナーの燃料を確保するには、未利用間伐材等、製材工場等残材、建設発生材などを利用することになります。未利用間伐材は地域により発生量はことなりますが毎年東京ドーム16個分相当する約2000万立方メートル分発 ...

バイオマス導入支援

木質バイオマスの導入に対して、費用対効果、経済性を考慮することが重要です。まずバイオマス導入に先立って下記の木質バイオマス導入の重要事項をチェックしてください。暁産業バイオマス事業部ではバイオマス導入支援として、調査シー ...

木質バイオマス導入の課題

木質バイオマス利用がよいものでも、導入に対して費用対効果・経済性を無視することはできません。一般的に化石燃料の初期導入費は安価で済み木質燃料は高額なものです。しかし、対象施設に熱需要が高く、木質バイオマス燃料が安価に入手 ...

PAGETOP
Copyright © 株式会社暁産業 All Rights Reserved.